rememberのゆめにっき

文筆の訓練のようなもの

カウンセリング

ノードラッグ、ノンアルコールで爆発しよう

「今迷っていることがある」 「迷っていることとは?」 「薬を飲んで今の辛い状態を軽くするか、それとも飲まずに苦しいまま過ごすか」 「薬とは?」 「精神科の薬。脳に直接影響を与えるもの」 「辛い状態と言ったが、具体的にどんな状態?」 「……それはま…

未だ魂の底で燃え続ける緑色の炎

視界に在る壁や床のその真っ白さからは、保健室や病院、福祉施設といった、「医療」に関するものを想起させた。そこに、故河合隼雄先生が現れたものだから、俺はここを心理関係の病院だと判断した。 そこに2人の外人が現れて、俺に診察を依頼した(というこ…

鳥を捕まえたら羽が枯れて死んでしまった

【七月九日】 檻のような鉄柵が見える。緑色のフカフカしたカーペットが敷いてあって、自分はそこに胎児のように丸くなって寝ている。このカーペットは俺の部屋の、L字型のデスクの下に敷いてあるものと同一のもののように思われた。そしてそのL字型のデス…

カウンセリングに行く

【七月八日】 〈カウンセリングにて〉 これからは少しハードに生きていこうかなと思いましたよ。 帰ってからガスパチョを作った。 〈材料〉 トマト、キュウリ、玉ねぎ、パプリカ(黄)、ニンニク、白ワインビネガー、オリーブオイル、フラックスシードオイル…

自転車の話。あとカレー

【七月六日】 起床後、胃がもたれていた。明らかに最近食べ過ぎている。何かを食べているときは味覚に没頭していて、気を紛らわすことができるのだ。今までどちらかと言えば少食だったのに。こんなことは初めてだ。体重計にも頻繁に乗って数値を確認している…

精神科に行く

【七月四日】 縦が1、横が2の長さの長方形を想像してほしい。その四つの線は一つの空間を形成する壁を表していて、要するに俺の部屋の見取り図だと思ってほしい。下辺の右三分の一は部屋の入り口に当たる部分になる。 見取り図を見て左下の隅に、その見取…